FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2019年ベルン日本人会の新年会にて

新春にふさわしく、生徒たちの年賀状を展示させていただきました。
「継承日本語年賀状コンテスト」に初参加し、
それぞれが創意工夫した個性豊かな年賀状がたくさん集まりました。

IMG_9368.jpg

おめでたいモチーフを描いた子供、
新年の抱負を書いた子供、
干支のイノシシを描いた子供、
たくさん字を書いた子供、
貼り絵をした子供。
普段見かける子供たちの、違った一面が垣間見れました。

みんな楽しく元気いっぱいに学んでいる様子を、鑑賞いただけたと思います。

発表の場をくださったベルン日本人会の皆様に感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

2019年度 体験授業のお知らせ

ベルン日本語教室では、5月29日(水)に体験授業を予定しています。
対象となるお子様は、
2019年7月31日時点(それ以前も可)に満6歳に達しているお子様となります。


< ベルン日本語教室 2019年度 体験授業のご案内 >
日時 2018年5月29日(水) 15:30〜
場所 Schulhaus Pestalozzi
   Weissensteinstrasse 41, 3007 Bern


詳細につきましては、ご連絡を頂いた方にそれぞれお知らせ致します。
体験授業に参加をご希望の方、また入学をご希望の方は、
3月中旬までに下記のメールアドレスまでご連絡ください。
質問などもお気軽にお問い合わせください。

ベルン日本語教室 運営委員会
連絡先メールアドレス bernnihongo@gmail.com

橙組、茶道体験

12月5日、橙組は課外授業で「茶事」を体験しました。

IMG_8842.jpg

「つくばい」で手と口を清め、清めた生徒から順に茶室へ。

IMG_8840.jpg

4畳半の畳の茶室は、生徒7人も座れば、もういっぱい。
茶道ではお茶を入れることを「一服点てる」って言うんですね。

IMG_8870.jpg

おもてなし、気遣いの心を常に持ち、
お菓子をいただく時も、次の人へ「お先に」とひとこと。
可愛らしい季節を表すお菓子を目の前に、選ぶ目つきも真剣です。

IMG_8846.jpg
IMG_8847.jpg

先生が釜の蓋をあけると、身を乗りだして中を覗き込む生徒たち。
一挙一足に興味津々です。

お茶をいただいても「お先に」、
そして点ててくれた亭主へは「お点前ちょうだいいたします」。
加減を聞かれたら、「美味しかったです」ではなくって、なんて言うんだっけ?
「けっこうです」だったよね。

IMG_8856.jpg

でも待って。
いらない時にも「けっこうです」って聞いたことない?
難しいな〜、日本語の言い回し。

IMG_8854.jpg

お茶碗が届かない時は、「にじって」取りに行ったり、
最後の一口はズズっと音を立ててすすったり、
顔を上げる時は、回りとタイミングを合わせて顔を上げたり、
お茶碗に正面があることを知ったり、
普段は口にしないお菓子、耳にしない言葉や作法、座り方に挑戦した午後でした。

IMG_8858.jpg

みんな、自分の番がくる直前は、緊張の面持ちでしたが、
「お菓子、何個とっていいんですか?」、「苦くなくて美味しい」、
「言うの忘れた、お点前ちょうだいいたします」、
「頑張って正座できた」、と誇らしげ。
そして「もう足が痛い〜〜〜」と、足を崩した時のホッとした顔。
時間の都合で、一人一人にお抹茶を点てる時間がなく、
何度か経験した生徒には、ちょっと物足りなかったかもしれません。

IMG_8865.jpg

みんなが見守る中、
最後に生徒が代表して担任の先生に一服お茶を点てました。

IMG_8864.jpg

「最後に”の”の字を書くんだよ」
「え!? なかなか泡立たない、難しい〜。」

IMG_8866.jpg

そして、〆にお茶の準備をする「水屋」も見せていただきました。
「昔の人は、毎回こうやってしゃがんで洗ってたんだよ」、「えーー、大変!」.

IMG_8872.jpg

「動き方の本まであるの?」、「そう。時々忘れるから、私も見るよ」、
「この羽は何に使うの?」、「炭のゴミが出たらこれではらうんです」、
野点の道具には、「ピクニックでお茶を点てることもできるの?楽しそう〜」と、
お茶の道具や本を覗き込んで見ていました。

IMG_8876.jpg

素敵な体験授業を計画してくれた担任の先生と、
わかりやすく説明、質問に答えてくれたお茶の先生、ありがとうございました。
次回は、初心者向け、経験者向けと2つに分けた方がいいな、と
計画する側にも課題ができた茶道体験でした。

日本語教室ってどんなところ?

スイスの首都ベルンにある日本人・日系人の子供のために、
1995年に設立された非営利団体で、
2015年に創立20周年を迎えました。

ベルン近郊のドイツ語圏、フランス語圏の現地校に通う生徒達に、
継承語教育を軸として、
日本語学習と日本文化への理解を深めることを目標に掲げています。

bernstadt.png
出展:撮影者:M_Strasser/flickr

<歴史>
1995年1月、子供達に日本語を教えたいという日本人有志により設立されました。
2001年頃からベルン州教育省のHSK授業校(Unterricht in heimatlicherSprache und Kultur)に認定され、
ベルン市より校舎や設備の無償貸与等の支援を受けています。
またHSK支援のもと、教師研修や保護者対象のセミナーの開催なども行われています。
このHSK授業はスイス各地で行われており、アラビア語やタミル語など
20カ国以上の子供、あるいは子供の親の出身地の言語と文化の継承を
奨励しています。

2018年6月現在、約60名の生徒たちが6クラスに分かれて、
毎週水曜日の午後、日本語を学んでいます。

<運営>
総会で選ばれた会長、副会長、会計、各クラス代表からなる運営委員会が
携わっています。
運営委員会は年2回、総会は年1回全員参加で行われます。
学校の運営資金は主に授業料、日本人会バザーでの売り上げ、
文化祭での寄付などによってまかなわれています。

<学習内容、教材>
週1回90分の授業を通して、日本語の力(話す、書く、読む、聞く)をつけ、
仲間と一緒に学びながら、日本文化への理解を深めています。
日頃の授業の積み重ねにより、義務教育最終年には日本語能力試験N3、N2合格の
実力をつけることを目指しています。(受験は自由参加)

教材は海外に住むバイリンガル児童のために作られた
にほんご1年生」「にほんご2年生」から使い始め、
徐々に文部科学省検定済教科書 国語 光村図書を取り入れています。
教科書は、大使館からの無償配布を教室で申請しています。
その他、漢字辞典は教室推奨のものを各自で購入していただきます。

<主な行事>
1月 ベルン日本人会新年会参加
5月 体験入学
    ベルン日本人会バザー出店
9月 日本語教室文化祭
他、文集の発行(年1回)、クラス単位の課外授業など

授業の時間帯と教室へのアクセスは 「教室の場所・時間」をご覧ください。

2019年8月からの新クラス

現在ベルン日本語教室では、2019年8月から始まる新クラスの生徒を募集しています。
対象となるお子様は、
2019年7月31日(それ以前も可)時点で満6歳に達しているお子様」となります。
5月29日(水)には体験授業を予定しています。
入学をご希望の方は、なるべく体験授業にご参加ください。
ご興味のある方は、bernnihongo@gmail.comまでご連絡ください。

なお、教室見学は随時受け付けています。
ブログには、日本語教室の様子や秋に行われる文化祭の様子を掲載していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

プロフィール

bernnihongo

Author:bernnihongo
ようこそ!
ベルン日本語教室です。


▷▷最近のお知らせ◁◁

▶︎2019年度新クラスの生徒募集!
2019年8月から開講予定の新クラスの生徒を募集しています。
詳しくはこちら。


▶︎体験授業のお知らせ
5月29日(水)15時30分より体験授業を行います。
詳しくはこちら。


▶︎日程一覧
「2018/19年度授業日程一覧」「ベルン市休暇予定一覧」
できました


▶︎教師、代行教師の募集!
ベルン日本語教室では教師、代行教師を募集しています。
まずはご連絡ください。


教室に関するお問い合わせは
bernnihongo☆gmail.com
(☆マークを@に変えてください)
までお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。